こんなにあるの?太陽光発電のエコロジー効果

ますます普及する太陽光発電

化学エネルギーに頼らず、自然エネルギーでさまざまな電力を賄うという取り組みは、世界の各地で行われていますよね。太陽光発電は太陽光というものすごいエネルギーをもつ自然の力を味方につけた次世代の発電システムであり、近年では家庭用太陽光発電としてますます普及が進んでいます。太陽光発電システムというのは、とにもかくにも地球にやさしいエコロジーなシステムとして一昔前から注目されており、今後もどんどん普及していくことが見込まれています。

太陽光発電の環境に資する効果

太陽光発電は環境に対する影響というのはどのくらいのものなのでしょうか。まず太陽光発電にはいわゆるCO2を削減する効果が期待されます。火力発電所では今でも日夜ものすごい量のCO2が排出されています。太陽光発電を設置することによって、こうした火力発電所などでのCO2の発生を抑制し、さらには発電に使われる莫大な資源を節約することもできてしまうのです。これによって、地球に大きなエコロジーをもたらすことができるのです。

太陽光発電は無尽蔵のエネルギー

たとえば石油や石炭などのエネルギー資源は、いつか枯渇してしまう有限の資源です。もしこうした資源が枯渇してしまえば、世界は未曽有のエネルギー不足に直面することになるかもしれません。一方、太陽光発電は太陽という無尽蔵のエネルギーを源としています。太陽は石油や石炭のように枯渇をすることはなく、これは無限に人類にエネルギーを提供してくれます。もちろん、曇天や雨天においてはその効率は下がってしまうものの、活用次第では人類に多くのクリーンな恩恵をもたらしてくれるものなのです。

太陽光発電用パネルと自宅の屋根などに設置をすると、発電量から使用量を差し引いた分の電力を自由に売ることができるようになります。すると、電気料金が0円になるどころか、儲けを出すこともできます。