初心者向けの電動工具の使い方3つご紹介します

一番に揃えたい電動工具とは?

初心者が使う電動工具のお勧めとしてインパクトドライバーが挙げられます。ボルト数が高い物ほどパワーがありますが重さも出てきますので、女性や家庭で使用する程度なら10.8V程度が無難です。使う用途に合わせて先端のビットを交換しますが、付属で付いてくるビットセットで十分間に合います。トリガー式のスイッチを入れてビットが回転してしますが、逆回転も可能です。回転スピードは引き具合で調節出来るのも初心者に向いています。ビットの交換は先端部分を回せば開け締めが出来ます。

電動サンダーに注目する!

電動サンダーは紙やすりを装着して研磨や塗装剥がしなどの作業に便利です。プロ用と家庭DIY用の違いは、プロ用は重さもありますが音も静かで家庭用は安価で機能もシンプルなので初心者なら家庭用で十分です。紙やすりの取り付け方法はマジックテープ式やクランプ式があり、マジックテープ式は専用の紙やすりを購入し、クランプ式は自分で市販の紙やすりをサイズに合わせてカットして使います。スイッチを入れると振動で使えますが効率が悪いので、前後左右に軽く押し当てながら本体を動かします。

電動ジグソーで本格的に!

ジグソーは細長いブレードと呼ばれるノコギリ刃でカットする電動工具です。動きが手動のようなので初心者でも扱いやすいですが、厚い材料の場合に傾きが出ますので注意します。曲線をカットする際に不可欠の道具で、ブレードはカットする材料によって交換します。ブレードの取り付けは六角レンチを使うタイプと使わないワンタッチタイプがあります。底面を材料に当てて刃が当らないようにしてからスイッチを入れます。ブレードの上下運動が安定したら、刃を押し当てながら進みます。材料を固定する事がポイントです。

電動工具の買取を利用したいのでしたら、電動工具専門の買取業者に依頼をしましょう。専門の知識があるため、買取価格がアップする可能性があるでしょう。