うつ病は周りの人が気づいてあげる事が大切!その内容とは?

うつ病を患うと物忘れがひどくなる

うつ病を患うと症状として現れ易い内容に物忘れがひどくなると言う症状がありますよ。うつ病患者の中には、外的刺激が体に良く無い情報として、その刺激を受け付けなくする様な働きを作り出してしまう事があります。つい数分前に言われた内容を思い出す事ができない事もありますよ。この症状が強くなれば、嘔吐をする事もあり、この嘔吐とは体によく無い刺激が体に入って来たとしてその情報を外に出す心因的反応が体に影響を与えて擬似的に外に出す反応を作り出してしまう姿です。この様な症状が見られたら心療内科に通院させる事が重要と言えるでしょう。

うつ病を患うと目の輝きを失う事がある

人の元気な姿と言うのは、目に輝きがある物ですよね。人は好きな物に出会うと、目の瞳孔を大きくしてより多くの情報を集めようとする生理反応を引き起こす事がありますよ。目の瞳孔が大きくなれば、目のレンズが大きくなりより光を多く集める事によって目に輝きが生まれます。うつ病を患えば、反対の生理反応を引き起こす事によって目に輝きを失ってしまう事がありますよ。刺激を避けるために、顔を下に向ける仕草が増える事も特徴の一つとして挙げられますので、この様な姿を周りの方が気づけば直ぐに心療内科に通院させる事が大切と言えるでしょう。

最も気をつけなければならないのが躁うつ病

うつ病とは元気の無い姿が代表的な姿になりますが、うつ病の中には躁うつ病と言われる過剰に元気になる姿と元気の無い姿が入れ替わって現れる躁うつ病と言う症状が現れる事があります。この症状の中には、元気が無い事に自覚を行ない、無理に元気な姿を振りまく事もあります。自殺と言うのは、体に防衛反応を引き起こし意思に反して拒否を引き起こす事が一般的ですが、躁うつ病を患っている方はその防衛反応よりも意思の方が勝ってしまう可能性があるため特に注意をする必要性があります。周りの方は、元気になったと安心をするのでは無く、異常に元気に振りまく姿は危険信号と判断を行ない、少しでも落ち込んでいる姿を見れば心療内科に通院させる事が重要ですよ。一人で通院させる事は、不安を抱かせる事もあるため一緒に病院に伺う事も重要なポイントになります。

うつ病の治療で最も大切なことは、ストレスをためないことと言われています。その為仕事や家事などはいったんお休みをし、十分な休養を取るようにしましょう。